arch-club.net トップへ
 
 ■千葉政助/MASASUKE CHIBA

  運命の綾を織り成すギリシア神話の神たち。-----------千葉政助 
    
   歴代の駐日ギリシア大使が驚嘆する程ギリシア神話に対する造詣が深く、
   また作品が持つその芸術性、美しさに大使も心を打たれたという。

   神話研究者としても世界的に活躍しており、
   氏が作成した「神々の系図」は3000以上の神々を網羅し、
   幅1.5m×長さ10mを越える膨大なものとなっている。





1944年
 仙台市に生まれる。
1965年
 日本デザインスクール卒業後、故・松本清勝氏に師事。
1968年
 芸術教育研究所にて児童教育書等の編集、出版に携わる。
 この頃よりギリシア神話に魅力を感じ始め、絵本制作に興味を持つ。
1976年
 ギリシア、イタリアを旅行。
 ギリシアを体感して、ギリシア神話をテーマに絵を描きたいという強い思いを再認識する。
 同時に神話の系図作成を始める。
1983年
 日本グラフィックデザイナー協会に入会。
1985 〜90年
 銀座空想美術館など、各地でギリシア神話をテーマとした個展を開催。
1991年
 日本ギリシア協会、日本エーゲ海学会に入会。ギリシア文化研究の会合にて、各界の識者との交流を得る。
1993〜94年
 各地で個展を開催。多くの人の賞賛を浴びる。
1996年
 ギリシア神話「愛と別 れと嫉妬と」千葉政助画文集を中教出版より刊行。
 それに伴い銀座メルサにて個展「愛と別れと嫉妬と」を開催。
1998年
 千葉政助作品集「ヴィーナス」を中教出版より刊行。
1999年
 ギリシアで個展を開催。

ギャラリーを見る
arch-club.net トップへ

■■■この作家の作品が見られる展示会一覧■■■


arch-club.net トップへ
Copyright 2000 Art Collection House Co.,Ltd