arch-club.net トップへ
 
 
 レンブラント・ファン・レイン/REMBRANDT VAN RIJN

  17世紀のオランダが生んだ“光と影の画家”-----レンブラント 

今から約400年前のオランダで活躍した巨匠レンブラント
粉屋の息子として生まれ、その後 画家として冨や名声を得ますが、晩年は家族の死や破産と次々に不幸や悲劇がレンブラントに襲います。
しかし、そんな中でも断固として自分の芸術に対する信念を曲げる事のなかったレンブラントの人間の精神を光の明暗で表現した傑作作品は、今も世界中の人々を魅了してやまない。

 





1606年
 オランダ、ライデン郊外に生まれる。
1620年
 ライデン大学へ入学するが、画家を目指すため退学。
1623年
 アムステルダムにて歴史画家ピーテル・ラストマンの工房で絵画を学び始める。
1625年
 ライデンに戻り独立、アトリエを開く。
1632年
 『トゥルプ博士の解剖講義』を制作し、一躍名声を獲得する。
1634年
 サスキアと結婚。4人の子を授かるが、3人の子を流産や死産で亡くし一人息子のティトスのみ生き残る。
1642年
 『夜警』を制作するが不評を買う。妻サスキアが他界し、その後さまざまなトラブルに見舞われる。
1656年
 トラブルや浪費生活から破産。
1660年
 骨董商を営みながら辛うじて生活を営む。
1663年
 ティトス17歳で急死。
1669年
 10月4日、心臓発作のため他界。享年63歳。

ギャラリーを見る
arch-club.net トップへ


arch-club.net トップへ
Copyright 2000 Art Collection House Co.,Ltd