arch-club.net トップへ
 
 ■矢口高雄/TAKAO YAGUCHI

  あなたの故郷はあなたの心に生きていますか----------矢口高雄 
    
   30歳で漫画家に転身、そしてデビュー。
    一貫して“自然と人間の関わり”を描き続ける矢口高雄は、
    作品舞台を東北・秋田にこだわり精力的に作品を発表し続ける。





1939年
 10月28日 秋田県生まれ。
1968年
 『ガロ』「長持唄考」でデビュー。
1974年
 第5回講談社出版文化賞・児童まんが部門受賞。
1976年
 『マタギ』にて第5回日本漫画家協会賞大賞受賞。
1995年
 故郷に増田町まんが美術館をオープン。
 11月24日マンガ家生活25周年パーティを開催。
1998年
 「三平バスフィッシング」他、版画作品の制作、発表。
1999年
 「第3回アジアマンガサミット」(台北・新竹市にて)で日本国委員長を務る。
 マンガ家生活満30年と還暦を迎える。
2000年
 漫画家生活30周年記念「ヤマセミ」オリジナルリトグラフ刊行。
■現在は作家活動の傍ら、(財)日本漫画家協会参与、漫画集団同人、マンガジャパン世話人など多岐にわたり活動中。
 代表作は「野生伝説」「釣りキチ三平」「マタギ」など多数。

ギャラリーを見る
arch-club.net トップへ


arch-club.net トップへ
Copyright 2000 Art Collection House Co.,Ltd