こんにちは(日本語)。
今日は友人である皆さんの懐かしい顔をまた見る事が出来て、大変嬉しく思います。
皆さん来てくれて、本当に有難うございます。
   
   
 
  「レガシー」について
私はライオンの親子を描く事がすごく好きなんですが、今回はお父さんの上に子供が乗っている親子ライオンの姿の後ろに地球を描いてみました。これには、私達人間と動物とで地球を共有し、未来へ受け継いでいかなくてはいけないというメッセージが込められています。

「オーバーシアー」について
今回の作品は、3次元の世界に挑戦してみました。
オーバーシアーとは、「見守る」「見届ける」という意味があります。母親タイガーが子供を見守り、その後ろにある地球は私達を見守っている。そして、私達人間も地球や動物を見守っていかなければいけない。そういう意味合いを込めて、崖の上から落ちないようにと子供を見守る母親の眼差しを描いています。

「ミッドナイト・ラン」について
これは、今回一番お気に入りの作品です。狼達の群れが森を走っている所なんですけど、後ろの木をぼかした事で狼の必至に走っている感じや激しい息遣い、そして手前の狼と奥の狼との距離感(奥行き)等、その3次元の世界がよく表現されている作品だと思っています。
皆さんも、私と同じように受け止めてくれたらいいなと思います。

   
   
 
  ご存知の方も多いと思いますが、私はアリゾナの自宅近くにある自然公園“アウト・オブ・アフリカ”によく行きます。そこでは、動物達の写真を撮って絵を描くための題材集めをしたり、ライオンやレパードといった動物を観察して、一日を過ごします。私はその時に動物達からもらった刺激やパワーを自分の絵で表現しているので、そういう想いを動物達に返してあげたいと思いますね。
   
   
 
  ☆イラク戦争についてどう思われますか?
アメリカ人として戦争には反対です。しかし、政治は世界中どこの国にもあるので、仕方がない事だとも思っています。
私は皆様に、愛とか平和、そういうものを伝えるために絵を描いているので、それを解って頂ければいいなと思います。

「タッチ・オブ・ホープ」にはどんなメッセージを込めて描かれましたか?
蝶には色々な成長過程(さなぎから蝶へ)があり、その成長を “平和”とか“愛”というものの象徴だと思っています。
アートに限りませんが、自分が表現したいと思っている事とそれに対する他人の受け止め方が違うように、必ずしも私の思う事が皆さんに伝わっているかどうかは分かりません。でも、蝶が成長していくように、愛も育てていくものなのです。私は、愛や平和といったものを伝えていきたいと思っています。

   
 

今回のプレゼント番号

2003GWシメールサインカード
s260403